リフォームを行なうことで新しい家と再び出会える

オール電化へ

オール電化リフォームについて

ここ数十年の間でリフォームという言葉をよく聞くようになりました。リフォームとは建て替えと違い、住宅の一部分だけを新築の時のような新しい状態にすることを言います。リフォームにも規模があり、例えばキッチンやトイレ、和室だけを行う場合もあれば、住宅全体を行う場合もあります。 最近注目されているリフォームの一つにオール電化リフォームがあります。オール電化とは今までガスを使っていたお風呂やコンロをすべて電気で動くように変えることをことをいいます。例えば、キッチンであればガスコンロを取り外し、その代り電気で動くIHクッキングヒーターを取り付けます。また、お風呂の湯沸かし器も電気給湯器に変えることでオール電化にすることが可能になります。

オール電化のメリットとデメリット

今注目されているオール電化ですが、注目されているからと言って「じゃあうちにも」というミーハーな考えは後で後悔をすることになります。オール電化にするためには50万円ぐらいは費用がかかるため、安易に取り入れてみて意外と自分の住宅には必要なかったということもあります。そこで、オール電化のメリットとデメリットについて知っておきましょう。 まず、オール電化のメリットは、電気代が安くなることです。オール電化にする場合、電気料金のプランを選ぶことができ、深夜料金のプランを選べば電気代を安くすることができます。 ただ、その反面、昼間電気を使ってしまうと電気代が高くなってしまうので、深夜料金プランを選ぶ場合にはできるだけ昼間人がいない除隊にするか、いてもあまり電気を使わないようにするべきです。