リフォームを行なうことで新しい家と再び出会える

リフォームの種類

リフォームをするという選択

よその家にお邪魔をしたときに、その美しさや機能美に感動をすることがあります。特に新築住宅にお邪魔した時には、玄関を開けた時の木の香りや、壁や床までもがピカピカで、まるで別世界に感じることでしょう。自分の家に帰宅すると、築20年の古ぼけた玄関、薄汚れた壁と床、どこか生活感がある匂いなど、どうしても新築住宅と比べると劣ってしまいます。 住宅は劣化します。10年以内には自分の家をきれいにしなければならないとしても、建て替えだとお金がかかってしまいます。そこで、リフォームをするという選択があります。住宅を支える木材や鉄筋がしっかりしていれば、躯体はそのまま使うことができ、かつそこにかかる費用も安くなります。

注意点や知っておいた方がいいこと

では、リフォームをする場合に知っておかなければならないことはどんなことでしょうか。まず、リフォームには全面リフォームと部分リフォームがあるということです。つまり、住宅全体をリフォームすることも可能ですが、逆に住宅の一部分だけ、例えばキッチンだけとか、和室だけという形でリフォームをすることも可能です。 もし、住宅のあちこちを直したいというのであれば全面リフォームをするといいでしょう。ちなみに建て替えの場合と全面リフォームの場合では、かかる費用が違います。建て替えの場合は1500万円から2000万円はかかるのに対してリフォームは800万円から1200万円でできます。このようにその住宅がどんな状態かによっても変わってくるのでじっくりと検討してみてください。